3ヶ月で飛躍的に英語力を伸ばしたい 
会計人のための英語講座

このようなご経験はありませんか?
  • 海外に行って英語で会話をしようとしたが、言葉が出て来なかった。
  • ネイティブスピーカーとの英会話をひたすら繰り返しているが、思うようなレベルに到達しない。
  • テキストを丸暗記しているが、実際の会話となると台本通りにいかず対応できない。
  • 上達はしたいが、何をやればよいのかわからない。
  • 最初はやる気だが、いつも途中で学習をやめてしまう。
  • 本を買ってはみたものの、なかなか身に付かない。
  • 英会話学校に通っているが、実務で使わないなと思いながら惰性で通っている。
  • TOEICで高得点をとっているが、仕事では自分の言いたい事を十分に伝える事が出来ない。

英語はコミュニケーションのツール、 会計はビジネスの言語です。

企業経営の世界では、インターネットによって世界中の情報を即時に入手することが可能になりました。会計の世界では、国際財務報告基準(IFRS)が導入されています。
たとえ日本国内であっても、外国人社員が同僚として入社してきたり、海外のクライアントとの仕事に関与したり、という事も珍しくありません。
多様な価値観を理解し、英語で「自分の意見を自分の言葉で」発信する。パソコンやスマートフォンを操作するのと同じような感覚で英語でのコミュニケーションが求められる時代になっています。
本を読み、インターネット経由で最新の情報を読み、新しいものの考え方に触れる事によって、解決できないと思っていたアイデアがひらめく。誰しもそのような経験をしたことがあるはずです。
英語をマスターすれば、日本語のみで情報収集するよりもはるかに多くのアイデアや情報に触れる事が出来ます。 まさに、入手した情報の質が、私たちの仕事の品質に大きく影響を与える時代になりました。

現状、貴方の英語力はいかがでしょうか?

現在、ご自身の英語力に満足なさっていますか?
以下をチェックなさってみてください。
  • 英語での会議や打ち合わせで、相手の言っている事を聞き取り、言いたい事を英語で伝えられますか?
  • 英語でのメールのやりとりを、ストレスなく迅速に行う事ができますか?
  • 会計やビジネスに関する英語の文献や記事を読み、内容をスピーディに把握することが出来ますか?

会計人の英語学習は特殊です。

英語が出来るようになりたいのであれば、英会話スクールに行けばよいではないか。
と普通は考えるものです。
ここで専門職である会計人が英語学校で講師と話そうとしたときに、
「講師と話がかみ合わない」という問題に遭遇します。

これは日本語で話をする場合を考えても明らかです。
専門的な内容について気軽に話をしたり、より適切な表現を知りたい。
にもかかわらず専門性の高さゆえ、それが叶わないのです。

英語はコミュニケーションのためのツールです。大事なのは話の内容。
そのためには、自分が言いたい事を自分の言葉で表現出来る様になること。
会計人にも、こうしたコミュニケーション力が付けられる場所があればよいのに。
これが私たちが『会計人のための英語コーチング講座』をスタートさせた理由です。

特殊な会計人の英語学習環境に対し、
一人ひとりが抱える課題解決に役立つ講座を開始いたしました。

Luminous Consultingの「会計英語コーチング」は、会計を日常的に使用し、英語でコミュニケーションや意思決定を行う立場にある方が、相手の意見を聞き、かつご自身の意見をよりよく相手に伝える事により、日常生活にポジティブな変化を起こす事を狙いとします。

時間をかけてゆっくりと英語を学習したいという方は他の方法でも良いでしょう。しかしながら、すぐに結果を出したいという方にはコーチングの手法をとりいれながらトレーニングを行うのが習得への近道です。



3ヶ月で英語力が身に付く理由

特長1 現役ビジネスパーソンが英語を指導

グローバル企業等で会計実務や監査実務に携わった経験豊かなスタッフ、ネイティブスピーカーが高レベルのサービスをご提供します。

留学なしでハイレベルの英語力を身に付けた講師陣が指導にあたります。
『英語が出来ない日本人』がつまずくポイントを熟知していますので、弱みを克服するための効果的なアドバイスをご提供致します。

講師は企業でマネジメント経験を有するビジネスパーソンです。ビジネスでよく用いられる表現を熟知しており、会話がスムーズに進行します。言いたい内容が伝わらず、もどかしい思いをすることはありません。
 

特長2 会計専門家が独自の目利きで教材をセレクト

グローバル企業等で実務経験を積んできた会計の専門家が独自の目利きで教材をセレクトします。
オリジナル教材も製作しています。お一人おひとりに最も必要な学習を考えて目標への最短ルートを進みます。

教材の製作や開発、提供するサービスには、国際財務報告基準(IFRS)等をはじめとした会計や経営コンサルティング事業において培った経験が盛り込まれていますので、会計そのものの知見も深まります。
 

特長3 初中級から上級者レベルまで対応

「本当に英語が出来ないのですが、受講しても大丈夫でしょうか」という御質問をいただくことがありますが、問題ございません。目安として現在は、TOEIC500点台~900点台の方にご利用いただいています。まずは体験コーチングでご確認ください。

「英会話スクール」や「通信教材」では対応できない専門的な英語やTOEIC上級者レベルの目標にも対応できます。

特長4 コーチングで楽しみながらモチベーション維持

皆様にはトレーナー(コーチ)が付き、目標を達成するための最適な戦略をたて、モチベーションを維持するためのサポートを行います。また、上達の程度を測定し、横道に逸れそうな時や必要な時にアドバイスが提供される体制となっておりますので、楽しみながら目標を達成なさる方が多いのです。

コーチングの手法は世界の有名コーチのメソッドを採用し、「失敗しない」マインドセットを御伝え致します。講師はコーチングスクールにて専門のトレーニングを受けています。

特長5 オーダーメイドで最短ルートで目標へ

どうすれば早く目的に到達できるのか、皆様お一人お一人の状況を考えてカリキュラムを作成します。望む英語力を手に入れるために、私たちが責任をもってナビゲート致します。

お一人お一人の到達したいレベルは異なります。現在の英語力も異なります。何のために英語を習得するのかも異なります。こうした皆様それぞれの状況に適する方法をご提案致します。
※初級用、中級用、上級用のような予め決まったコースはございません。お悩みや課題は個々人によって異なるため、標準化されたコースでは対処しきれないと考えているためです。ご相談の上、お悩みに応じたオリジナルのプログラムを作成致します。お申込み如何に問わず、まずご相談下さい。

特長6 疑問点は24時間いつでも質問

受講期間中は毎日の課題提出と無制限に質問いただけるメールサポート制度を設けています。
学習過程で生じた英語そのものに関する疑問点はもちろん、学習方法に関する悩みや疑問についてもご質問ください。不安が明日に持ち越される事はありません。

特長7 通学不要なので無理なく続けられる

コーチングはスカイプ、お電話、メールを中心に行いますので通学していただく必要はありません。
お忙しい方でも無理なく続けていただけます。ただし、初回面談は原則として対面にてお願いしております。
 
 

英語コーチングの流れ

  • 初回:体験セッション、カウンセリング、簡易なプラン設定

    ↓ご納得いただいたらお申込み
  • 第一回セッション:レベルチェック、戦略立案、学習計画策定
  • 自己学習:課題提出、メールサポート
  • 第二回セッション:目標達成度確認、カウンセリング
  • 自己学習:課題提出、メールサポート
  • 以降、セッションと自己学習の繰り返し

    目標達成

3か月でこのような成果が出ました。

  • 英語がききとれる様になった。
    他のスクールで何回も聞いたら聞こえるようになると言われてやったが一向に上達しなかったものが、今回受講した結果、上達した。何故ききとれないか原因がよくわかった。どこに気を付けたらよいかがわかって良かった(上場企業CFO)。
  • ナチュラルな英語が使えるように。
    自分の英語がナチュラルでないということを感じていたが、実際にどのように書けば良いか自信が出来た。使える言い回しを覚えられたので単語を入れ替えたりして実際に使ってゆきたい(企業経営者)。
  • スピードは1.5倍、ニュース英語の理解度は30%から80%へ。
    読む速度、聴き取り力とも高まり、ニュースを読む事への心理的抵抗が減りました。 ニュースを読む速度は1.5倍に、リスニングは当初30%程度で何となく言っている事がわかる程度でしたが3ヶ月後には60%、6ヶ月後には80%程度理解できるようになりました(法律関係勤務)。

すでに上場企業役員、公認会計士、コンサルティング会社経営者、監査法人勤務、個人事業主の方々にご利用いただいています。

CUSTOMERS‘ VOICE

<A様 法律関係>

英語コーチングについては知りませんでしたが、特に不安な点はありませんでした。どこでどのように時間をとるのか工夫しなければならないなと考えていました。 実際に受けてみて、面白かったですし、まず自分では絶対にこのように徹底してはやらないです。目的に到達するためにどうすれば良いのかを目標に照らし合わせて決められる点が良かったです。 目標に関係ない事、やらなくて良い事をはっきりと指摘してくれる点も良かったです。カリキュラムにしたがって決まった事を一通りやるという事はありませんでした。このようなやり方は他の英語スク―ルには無いと思います。

 

<B様 上場企業CFO>

コーチングの事を良く知らなかった。説明を受けて、マラソンで一緒に走ってくれるイメージを持った。何をするのかよくわからなかったが、とにかくやってみたいという気持ちのほうが強かった。実際にやってみて、どれだけやったかをコーチに提出しなければというプレッシャーが継続できた理由と思う。最初に目標到達に向けて計画が出来る。何をしてよいかわからないという気持ちが無くなったので精神的にも楽だった。やり方を教えてもらい、コーチを信じて続けることが出来た。達成できているかの確認を自己評価ではなく第三者に確認してもらえるのが良かった。わからない事があると、その都度サポートをもらえる。自分のやり方が間違っていた場合にすぐに軌道修正される点が他では得られない経験と思う。

英語コーチングとは?

英語力について、短期間で1段2段上のレベルに到達するには、ただやみくもに知識を詰め込んで練習するかわりに客観的なフィードバックを得、弱点を知り、自ら修正しながら技能を身に付けてゆくことが不可欠です。 そしてこのような機会はコーチングによって得る事が出来ます。 コーチングでは、 コーチと相談しながら目標を設定します。そして、ご自身で学習いただいた結果に対してコーチがフィードバックするという形式をとります。 たとえば、目標が、『次回の海外出張時に言いたい事を質問し、かつ相手の回答の内容を理解する。』 というものである場合、その目標を達成するために、「どれ位の時間をかけ」、「どのような教材を使用し」、「どの部分を強化し」、「どのようなトレーニングをするのか」をご相談の上で、決定してゆきます。

もちろん必要に応じて英語を直接教えたり、練習相手になる事もありますが、私たちのミッションは皆さまに目標を達成していただく事です。 このように目標を設定し、そこに到達するまでの道筋を考え、行動の結果に対してコーチが即時にフィードバックを実施することによって短期間での達成が可能になるのです。

このような方におすすめ致します。

  • 外資系企業にお勤めの方
  • 経理財務部門にお勤めで、英語での対応を求められる方
  • 上司や同僚が外国人の方
  • 監査法人や会計事務所にお勤めで、海外のクライアント企業に関与している、または関与する可能性がある方
  • 独立開業しており、これから海外クライアントを積極的に獲得したい方
  • 勤務先や関与先で英語公用語化が予定されている方
  • 業務などで英文の資料に接する機会が多い方
  • 財務会計分野において、英語によるコミュニケーション能力を向上させたい方
  • 英語力を高めて会計や経営の文献を読みたい方
  • 財務会計分野で働くために英語力を伸ばしたい方
  • 企業の役員、管理職で英文契約書の内容を短時間で把握したい方

ご興味がある方は、体験セッションを受けられてください。

誠に恐れ入りますが、受講いただく人数に制限があります関係上、受講開始までにお待ちいただく場合があります。
◆下記まで、件名「会計英語コーチングの件」にてお問い合わせ下さい。
ルミナス・コンサルティング株式会社 キャリア支援事業部

お問い合わせ

お問い合わせの方はこちらをクリックください。