好奇心を強みにするために必要なこと

2019.07.31



先日、「ルミナススタディグループ」が弊社赤坂オフィスにて開催されました(写真)。
このグループは自身が関心を持っている事について、共通の関心を持つメンバーと意見交換をする紹介制の会です。

私自身、好きなことを仕事にしている人々と一緒に過ごす中で、人生に充足感を出していくためには、「好奇心」を「突き詰める」ことが大事だと感じています。”ちょっと面白そう”と言った程度の事ではなく、突き詰める経験です。

好奇心から始まった事を強みにするためには、実務をリアルに経験している他者からの”率直な”フィードバックが必要になります。自身を客観的に振り返る事が出来るばかりか、発想の深さと広がりを持つ機会が得られるためです。このスタディグループはこうしたフィードバックと気づきを得る趣旨から始まったものです。

今回のテーマはコーポレートファイナンス
課題図書は『企業価値経営~コーポレートファイナンスの4つの原則』(ダイヤモンド社)McKinsey& Company INC.-Tim Koller, Richard Dobbs, Bill Huyett 

M&A、事業会社、士業、ビジネスコンサル、と少しづつバックグラウンドが異なる皆さんが集まり、コーポレートファイナンスをテーマに意見交換をしました。バックグラウンドは異なるものの、実際にコーポレートファイナンスに携わっている人たちの集まりですから、年齢や性別関係なく話がはずみます。書籍からよみとれるメッセージを言語化し、実務はこうなっている。本には正統派の理論が書いてあるが、現実はそうはなっていない、何故か。話は尽きません。本を読んだだけでは知り得ない価値ある情報や視点が引き出されてきます。

参加者の皆さんからいただいた意見は、次回以降の運営に反映させていきます。紹介制のご案内になりますが、興味あるテーマがありましたら、ぜひルミナススタディグループに参加なさってみてください。

■  ルミナスコンサルティング株式会社IFRS関連業務会計英語コーチング等により企業及び人材のグローバル化を支援しております。ウェブサイト訪問はこちらから。

関連記事

創業10周年の御挨拶
日本人が発言力を高めるために必要なこと
世界で活躍する人材が備えるコミュニケーション力

お問い合わせ

お問い合わせの方はこちらをクリックください。